DMM英会話体験記!超初心者英語はどこまで上達するのか?

DMM英会話を現役受講中の英語上級者に使用感を聞いてみた

スポンサードリンク




DMM英会話受講中のスジノキさん(HN)にDMM英会話について聞いてみました。
スジノキさんはアメリカ留学、外国語学部卒業の経歴を持ち、現職は外国航空会社の運航管理をされています。
英語に積極的に触れている方からの感想なので、DMM英会話をはじめとするオンライン英会話の受講を検討している方にはきっと役に立つと思います。

headset

DMM英会話について

DMM英会話の月額・時間等について

DMM英会話には3種類のプランがあり、私は1日25分の「毎日1レッスン」プランで英会話の学習をしています。「毎日1レッスン」プランは月額3950円、「毎日2レッスン」プランは月額6500円、「毎日3レッスン」プランは月額9200円です。

なぜ、DMMに登録したのか?

 DMM英会話に登録した理由は「安さ」、「場所」、「時間」です。
英会話は「英会話教室で学ぶ」と考えている人が意外と多いですが、パソコンに3000円程度の安価なカメラを取り付ければ、あっという間に自宅が英会話教室になります。(macbookにはもともとカメラがついてるので安価なカメラ自体が不要です)

DMM英会話の特徴は、空いている好きな時間に予約ができ、さらには、講師ひとりひとりの情報を文章だけではなく、動画でも確認することができます。また、ここだけの裏技ですが、英語圏以外の講師の場合は、その講師の母国語を学ぶことができます。私は英語だけではなく、フランス語もDMM英会話で学んでいます。本来であれば英会話教室とフランス語教室を掛け持ちしなければなりませんが、DMM英会話ではその必要がありません。これらのメリットにより私はDMM英会話を選びました。

DMMのメリット・デメリットとは?

DMM英会話のメリットは、「圧倒的な安さ」、「場所を問わない」、「時間も問わない」ことです。

また、初心者から上級者まで、大人から子どもまで、あらゆる人が挑戦できます。
しかし、DMM英会話ならではのデメリットもあります。それは、通信の状態です。どうしても目に見えない通信で講師とやり取りをするため、時々、電波の状態が不安定になり、「音声が聞き取りづらい」、「画像が乱れる」などの問題が起こります。とはいうものの、私は6ヶ月間DMM英会話を利用し続けていますが、大きなトラブルになったことはまだありません。

DMMをおすすめしたい人、そうでない人とは?

DMM英会話は、普段の生活や仕事で英語を話す機会のある人、将来的に留学を考えている人など、何かしら英語と接点のある人におすすめしたいです。

私は1年間のアメリカ留学、外国語学部卒業、外国航空会社の運航管理という経験があり、普段の生活においても仕事においても英語との接点がありました。ぜひ、少しでも英語に興味があれば、DMM英会話を始めるべきです。

しかし、ただただ漠然と、なんとなく英語を習得したいと思ってる人には、おすすめできないです。
何故なら、DMM英会話の講師はレベルが高く、講師自身が英語の能力を磨き続けています。
講師らは生活の一部として英語を使っているので、レッスンを受ける受講者もある程度の意識は必要不可欠です。
あまり大きなことを言うと尻込みしてしまうかもしれませんが、DMM英会話に挑戦するからには、「こうなりたい」という目標を立ててから挑戦して下さい。

受講期間と英語の上達について

私の受講期間は2015年10月現在で6ヶ月です。DMM英会話を始めた頃は、講師の質問に対して数秒考えてから答えていました。しかし、今では、講師の質問に対しポンポンとリズム良く答えることができます。
講師からも「よくなってきたね」と褒められ、英語の上達を実感しながら楽しんで取り組んでいます。
講師も積極的にほめたりしてくれるので、モチベーションアップにもつながります。
自分にあった講師を早く見つけるのも英会話上達の一つのスキルだと思います。
DMM英会話は講師の数も非常に多いので、選びたい放題です!笑

ちなみに、今の私の目標は、英語音声のみで洋画の内容を全て理解することです。

学習の進め方について

DMM英会話のレッスンと合わせて、日本語の文を英文に変える「瞬間英作文トレーニング」に取り組むと非常に効率的です。

発音の矯正はそう簡単にはできませんが、英文を考えて作ることは、誰でも簡単にできます。
そのためには、そのきっかけとが必要です。
そのきっかけとして、私がおすすめしたいのが、森沢 洋介著の「どんどん話すための反射的に言える瞬間英作文トレーニング」です。

関連記事:英語上級者の「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(ベレ出版 森沢洋介著)」レビュー

受講シーンについて

DMM英会話は、”Skype”でレッスンします。”Skype”とは「ビデオ付き電話」ができるツールであり、受講者がカメラを取り付ければ、講師に発音の矯正をお願いすることができます。
なお、レッスンには「ヘッドセット」が必ず必要であり、出来ればノイズカットの物を購入すべきです。(macbookにはマイクがついてますのでヘッドセットは必要ないです)

DMMは初心者向け?それとも上級者向け?

DMM英会話は初心者にも上級者にも向いています。
あらゆるレベルの講師がスタンバイしているため、小学校英語対策もネイティブスピーカーにも非常に有効的であると実感しています。

始めようかどうか迷っている人に言いたいこと

迷うなら挑戦すべきです。

英語は武器ではなく道具です。
あらゆる文化の方たちとのコミュニケーション・ツールです。
レッスン費用も安価なので、ぜひ、DMM英会話で英語のスキルを磨いて下さい。

受講スタイルについて

アハ~ン?ウフ~ン?は言うべきか?

英会話には様々な相槌があるので、講師の話に対して反応はするべきです。
ただし、本当は理解していないのに理解したふりをするのはやめたほうがいいです。
「あ、この人、全然わかってないな??」
と思われるのがオチです。
わからないところは、わからないことをしっかりと認めて、そこを補ってくれるような講師を探しましょう。

時間がきたらきっちりと終了するか?

講師によってまちまちです。とある講師は話に夢中になり過ぎ、お互いに時間を忘れて3分もオーバーしました。しかし、通常はしっかりと時間が守られています。

中学英語レベルの自分でも大丈夫そうか?

中学校で学んだ英語で十分に英会話できます。問題なのは、中学校で学んだ英語で瞬時に英文を作れるかどうかです。先ほど紹介した「どんどん話すための反射的に言える瞬間英作文トレーニング」を参考にあらゆる英文を同じように覚えれば、講師との会話もスムーズになります。

途中で会話が続かなくなったらどうすればいいのか?

DMM英会話を受講する準備として、最初に「何を学びたいのか」を伝えることです。
英語の発音、簡単な語彙、ジェスチャー、何でもかまいません。

それでも途中で会話が途切れてしまった場合は、講師に最近のニュースなど何か話してと伝えるべきです。講師の興味のありそうな話題を探ることも、ひとつの解決策だと感じています。

お金を払って本当に英会話力が成長できるのか?

やるかやらないかです。何かしらの技術を習得するためには、自分に対する投資が必要です。
外国人との出会いがなければ当然英語は話しません。
自分自身に投資をするという決意で挑戦すれば、お金を払う意味は十分にあると感じられるでしょう。

本当に外人と25分も話せるようになるの?25分が妥当かどうか?

私も不安に感じていましたが、意外とあっという間にレッスンの時間は過ぎました。
回数を重ねて英会話に慣れると、もっともっとレッスンを受けたいという気持ちになります。
上位プランにはこの気持ちが出てきてから乗り換えるのが良いと思います。

英語が苦手で過去に挫折した人でも大丈夫?

私も実は過去に英語が苦手で挫折をしました。
しかし、アメリカ留学をきっかけにして英語が好きになり、今では外国航空会社の運航管理担当として仕事で英語を使っています。
先ほども言いましたが英語とは武器ではなく、道具です。
もっと多くの方に肩の力を抜いていただき、「英語は武器ではなく道具なんだ」と意識して挑戦していただきたいです。

スポンサードリンク







Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top