DMM英会話体験記!超初心者英語はどこまで上達するのか?

まずは身の回りのものを英語で表現語彙暗記法

スポンサードリンク




翻訳家、英語教師として活躍されている、村田めぐみ(仮名)さんに、村田さんの思う効果的な語彙暗記法を聞いてみました。
キーワードは
「身の回りのものから」
「オンライン英会話は日本人講師を選べ」
です。

photo credit: 3rd from bottom drawer of desktop organizers via photopin (license)
photo credit: 3rd from bottom drawer of desktop organizers via photopin (license)

英単語学習で楽しいのは最初だけ

単語集で語彙を覚えるほどつらい作業はありません。ぐんぐん覚えて楽しいのは最初だけ。語彙が増えれば増えるほど混同や勘違いも増え、頭の中がもうパンクしそうになります。

語彙を覚えるためには糸口が必要です。
糸口として何かしらの関連付けが必要です。
これは年号を覚える時のごろ合わせに似ています。

まずは身の回りのものから英語で表現

印象にさえ残ればどのような方法も可能ですが、まずは身の回りの英語から覚えて行くのが、手っとり早くいい方法です。

例えば自分の家の中や行動範囲内にある名詞、自分や家族の活動や日課に関する動詞、などです。
自分で日記をつけてみるのもいいでしょう。

簡単な事柄でも意外と英語で言えないことが多いものです。
よく使う言葉なのに知らない、という場合は辞書を引いて新たな語彙として蓄積していきましょう。

新たな語彙とは、その後どのくらいの頻度で何度再会するかで定着具合が決まってきます。
元々自分の身の回りに関する語彙に絞っている場合は、その単語との再会率も自然と高くなり、おのずと定着率も上がります。

ただ、辞書を引いたらいくつもの英単語が出てくる時があります。
例えば「選ぶ」と辞書を引いて出てくる単語は3つで、「select ?choose? pick?一体どれが一番いいの?どれでもいいの?」と思えたら、そういう時はネットで詳しく検索すると答えが出てきます。
検索する場合は「select  choose  pick 違い」というように検索にかけます。
英単語が好きな人がそれぞれの意見を公開していますから読み比べると面白いものです。

ただ、それだけではすっきりしない時もあります。
この時点でしっくりくる例文が紹介されていれば、納得できますが、どうも自分が使いたいニュアンスがどれに当てはまるかわからない、ということも出てくるのです。

オンライン英会話の使い方

そういう時は英語の先生の出番です。
文法を一から学ぶような仰々しい英語レッスンは必要ないけれど、日々のこういった小さな疑問を解決したい、という場合スカイプ英会話が便利です。
一コマ25分と、気軽でちょうどいい長さですから、質問をいくつか用意しておけば、それにテンポよく答えてもらうだけでレッスン終了です。

単語の違いを知りたい場合、微妙なニュアンスの違いをうまく先生にわかってもらう必要がありますから、その説明をうまくできないうちは、日本人の英語の先生のレッスンの方がわかりやすく、すっきりします。日本語ならお互い最後の最後まで話を詰めることができるからです。

ニュアンスの違いを英語で説明することに面白さを感じるならネイティブの先生でも問題はありません。ただ、ネイティブというのは意外とあまり深く考えて言葉を話していませんから、「なぜこの言葉の方がいいのか?」という質問にうまく答えられる先生が少ないのも事実です。
大抵の答えは「普通はこう言う」というところに落ち着きますから、理屈っぽい人には不向きかもしれません。
まずは日本語講師から英会話を学ぶのが個人的には良いと思っています。

↓日本人講師多数のオンライン英会話なら↓
【ワールドトーク】


スポンサードリンク







Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top