DMM英会話体験記!超初心者英語はどこまで上達するのか?

DMM英会話ならあえてフィリピン人以外を選ぼう!

スポンサードリンク




DMM英会話ならフィリピン人講師だと思っていたんですが、あえてヨーロッパ人講師を選び受講されている方がいました。
そんな方に記事を書いてもらいましたのでご覧ください。

photo credit: Chére Selly via photopin (license)
photo credit: Chére Selly via photopin (license)

DMM英会話に興味を持った理由

何年も、独学で英語を勉強し続けているのですが、最近流行っているオンライン英会話を始めてみました。
理由は、田舎暮らしで英語を使う場面、英会話スクールが近所にないこと。

そんな中でDMM英会話に登録しました。
受講を始めてから三ヶ月が過ぎようとしています。
今の所、毎日の授業が楽しみで仕方がないほどです!

DMM英会話の使用感

DMM英会話では、初級から上級まで受け入れていて、教材なども適宜用意されています。
また、初級テキストの内容には日本語訳があったり、講師のプロフィールにも対応しているレベルが書いてあるので、自分がどういった教材を使うべきか、どういった講師の授業を受けるべきかがとてもわかりやすくなっています。

DMM英会話では、入会前にトライアル授業が通常2回(キャンペーン時は増えます)付いてきます。

はじめての講師の方が好印象だった

一人目の講師の方は、25分話した中で、DMM英会話とはどういったものなのか、どうしてDMM英会話(またはオンライン英会話)を選んだ方がいいのか、そして私の英語力と、それを伸ばすためにはDMMを通じて今後どうしていったらいいのかを教えてくれました。

たった25分話した中で、そこまでのアドバイスをしてくれたことに本当に驚きましたし、講師の人たちは本当に一所懸命なんだなと感心させられました。

だってインターネットの英会話教室、教室で面と向かっているわけじゃないし、講師を見張っている人がその場にいるわけではないし、適当な感じでも仕方ないかも・・・と、実は少し半信半疑だった私。その一回のトライアル授業で、考えを変えました。

その次のトライアルの先生も、また良い方で、少し自己紹介の挨拶をしただけで、私が住んだことのある外国の国の名前を当てたのです!何がすごいって、たった1分くらいの挨拶でそのアクセントを聞き分けられるというのは、本当に英語に精通しているからこそできること。

あえてヨーロッパ人講師を選ぶ理由

DMMの先生の国籍の割合を言いますと、一番多いのはフィリピン、それ以降にヨーロッパのセルビア、ボスニアヘルツェゴビナと幾つかのEUの国、そしてネイティブの国となります。
私は迷わずヨーロッパの講師をチョイスし続けています。
大きな理由は、もちろんネイティブの国(アメリカ、オーストラリア、イギリスなど)の先生が話す英語こそが本物、と言って間違いないですが、実は英語というのはネイティブスピーカーの数よりも、第二言語として話している人の方が多いんです。

一度、海外を旅すればアンネイティブスピーカーの人(特にヨーロッパの人々)との英語での会話が多いことに気がつくはず。英語というのは十人十色、いろいろな発音、発想でみんな話している言語。

だから、講師がネイティブであること、ないことはそんなに重要ではないというのが私の考えにあります。
英語を習得する楽しみだけではなく、苦しみもわかってくれるのは、非ネイティブの講師ならではではないかとも思います。

また、大事なのは講師の選択を自らできることです。
その時間に授業に空きのある講師や、人気の講師などがピックアップされていることがあるので、まずはそういった講師の授業を受け、お気に入りの先生を見つけて次の授業も予約する、などが通常の流れになります。
あとは、講師のページには講師自らの自己紹介文、DMMからの紹介文、そしてその講師の授業を受けた生徒たちからのレビューを見ることができます。

私が一番参考にしているのは、生徒からのレビューで、場合によってはとても辛辣な言葉が並んでいますし、反対に愛溢れる言葉ばかりが並んだ講師もいます。そのレビューをかなり参考にしています。

受講コースは月3950円

私は、1日一回の授業を受けるコースを受講しています。
それで、月3950円。一回の金額が127円くらい。

他のコースは、1日2回の6,500円に、1日3回の9200円というコースがDMMの全コースになります。
テキストは全て無料で、英語学習者に大人気の書籍『瞬間英作文』シリーズがダウンロードできたりします。

また最近では、IELTSや TOEIC対策のテキストも使えるようになったので、受験対策をしたい人などにとてもいいです。
私は以前、ケンブリッジ英検を受験したいと考えていたときがあって、もちろんDMM上にはそのテキストや対策はなかったのですが、講師に相談すると、講師それぞれがそのテストについて調べてくれ、授業はその対策に当ててくれました。

こういった要望にすべての講師が対応してくれるのかは定かではないのですが、DMMでは授業を予約する際に何のテキストを使いたいか、もしくはフリートークだけをしたいのか、どんな速さで話したらいいのか、どんな授業をしたいのかなどを事前に講師に伝えることができるのです。
それを見て、講師は授業の内容を考えています。

また、前の講師からの引き継ぎも、『レッスンノート』という機能でされますので、自分が前回何をしたのかが、きちんと引き継がれます。

私は大抵、フリートークという、自由に話すだけのコースを選択しています。
もちろん、ただその日あったことを話すだけの日もありますし、テキストにあるフリートークのお題集やディベートを講師としたりするときもあります。

こういうことを通して、英語だけではなく講師たちが持つ文化なども学べるので、日本にいながら本当の意味での国際交流をしているみたいで楽しいです。
会話が続かないときもありますが、大体の場合、講師は幾つかの話題を準備してくれていますし、そういったときの対応が上手です。本当に感心させられますよ。
オンライン英会話の醍醐味は十分に格安のDMM英会話でも味わえます。
とりあえず入会し、オンラインで英会話を続け、楽しくなかったらやめたらいいし、気に入らないところが出てきたら他のオンライン英会話に登録したら良いと思います。
無料のトライアルもついてるし、コストも月数千円で済みます。
迷ってる人がいたら
「とりあえずやってみなよ!」
と言いたいです。

スポンサードリンク







Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top